疑問

くるみの保存法は常温がいいの?それとも保存方法は冷凍がいい??くるみの保存期間はどれくらい?

更新日:

 

 

くるみは小さいですが、栄養がたくさん詰まっていると聞きますよね。
ちょっと確認しただけでも

・オメガ3脂肪酸      (血液中の脂質濃度を下げる効果があると言われています)
・ポリフェノール     (抗酸化作用でアンチエイジング効果があると言われています)
・メラトニン        (不眠症への効果が期待されています)
・ビタミンB1、B6、E、葉酸 (抗酸化作用と造血作用などがあると言われています)
・亜鉛・銅・マグネシウム  (ミネラル類で貧血予防や疲労回復に効果があります)
・食物繊維         (整腸作用があります)

と色々な栄養があり、ミラクルナッツと呼ばれるのも納得の栄養価ですよね!

 

オメガ3脂肪酸がたくさん含まれているので、認知症の予防にも効果が高いようですね。

身体にもうれしい効果がある食材なので、長期的に少しずつ摂取するために、
化を防ぎ、長い期間保存できる方法を徹底調査しました!!

 

くるみの保存法は常温がいいの?

 

お店で買うときには、「剥きくるみ」も「ローストくるみ」も常温の棚にアルミパックや缶で置かれている印象がありますが、自宅でも常温で保存しても良いのか迷いますよね?

 

まず、くるみの消費期限についてですが、

「剥きくるみ」「ローストくるみ」は未開封のまま常温保存していた場合は

3か月~6か月程度になります。

 

開封後は「お早めに」との表記が多いですが、販売元のホームページで確認すると

5日程度を目安に食べるのが良いそうです。

意外と短いですね・・・。

 

でも、これには理由があって、くるみにはオメガ3脂肪酸を含む脂質類が多いため、

空気に触れると酸化しやすく、栄養も落ちてしまうそうです。

しっかり栄養素も食べたい私には、それは仕方ないので早く食べるべしですね (笑)

 

「殻付きくるみ」、こちらは涼しい日陰で常温保存しておくと1年間も保存が可能だとの事です。

なかなか入手の機会はありませんが(笑) 手に入ったら長く楽しめますね♪

 

くるみの保存方法は冷凍がいいの?

 

常温では、あまり長持ちしないくるみ。
では、冷凍保存する場合はどうでしょうか?

 

くるみの保存には「酸化防止」が1番効果があるそうです。
なので、冷凍での保存は効果があります。

 

フリーザーバッグなどに小分けにして入れ、出来るだけ空気を抜いて冷凍庫に入れる。

フリーザーバッグには、他の食品からの臭い移りも防ぎますので、

きっちり閉じてくださいね。これで、冷凍保存は大丈夫です。

 

常温でも長期保存が出来る「殻付きくるみ」も、梅雨の時期などは密封して

冷凍保存したほうが風味が長持ちするそうです。

 

解凍方法は、食べる分だけ取り出して常温で「自然解凍」すればOKです。お手軽ですよね♪

 

くるみの保存期間はどれくらい?

 

 

くるみの保存期間についてまとめてみました

 

「剥きくるみ」「ローストくるみ」
未開封常温3か月~6か月
冷凍保存は1年間

 

「殻付きくるみ」
未開封常温:高温多湿をさければ1年間
・冷凍保存は:1~2年間

 

冷凍保存すれば、くるみの美味しさと栄養を2倍の期間楽しめるようですね。

 

ただ、くるみは購入する前の状態が良くないと風味が落ちていていることもあるそうで・・・。

冷凍保存をしていたくるみでも、口にして「古くさい油の匂い」がしたり、

見た目に白っぽいカビが見えた時には食べるのをさけてくださいね!

調理に必要な分だけを取り出し、少しずつ料理に使用し期間内には

使い終わるぐらいの量を考えて購入すると良いですけど、安く売ってたら

たくさん買ってしまいますよね・・(笑)

もしクルミが酸化してしまったら?

 

くるみは開封した瞬間から少しずつ酸化していき劣化していきます。
くるみが酸化するとカリっとした食感がなくなり、香ばしさもなくなります。
食べることはできるのですが、おいしくないのです・・。

 

そのため、「しなっ」となり酸化してしまったくるみを元に戻すことが
できる方法が乾煎り(からいり)です。

乾煎りを行えば食感も良くなり、香ばしさもでてきます。
またやり方も簡単ですので「おいしくないな」と感じたら試してみてください。

乾煎りの方法としては水などを入れていないフライパンにくるみを入れ
弱火~中火で揺すりながら煎ります。

香ばしい匂いと乾いた、いい音がしだすと完成です。
乾煎りとはそれだけです。簡単ですよね!

 

乾煎り後は香ばしさなどは戻っていますが、再度酸化していきますので
調理する際は必要分だけを行い、

使わない分は密封し冷蔵庫、または冷凍庫にもどしましょう!

 

ただし乾煎りをする前にカビが生えているのを確認したり、
カビっぽい臭いがする場合は使用しないほうがいいです。

 

カビの部分だけを取り除いたとしても中に根を張っている場合もあり
人体には有害なため、もったいないですが処分することをおすすめします!!

 

 まとめ

 

 

くるみは縄文時代の遺跡からも発見されていて、

調査の結果なんと3千年以上も昔から栽培されていたと証明されています。

栄養が豊富で美味しいので、縄文人も喜んで食べていたのではないでしょうか?

ほんとすごいですよねくるみって♪

 

栄養が豊富でそのまま食べても美味しく、

サラダやケーキなどのアクセントにもなってくれるくるみ。

冷凍保存を利用して、長く美味しさを楽しんでみてくださいね!!

 

-疑問

Copyright© 生活不思議箱 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.